改訂版:新型コロナウィルス感染症による休園休校など各対応について

皆様におかれましては新型コロナウィルス感染症での社会生活においての行動制限など様々なところでご不便な思いをされているとお察し致します。
生徒の皆様及びご家族が通われる幼稚園、保育園及び学校において新型コロナウイルス感染症による休園・休校、クラス閉鎖や学級閉鎖があった場合。また濃厚接触者、陽性と診断された時についての教室の対応を以下の様にさせて頂きます。

休園休校、学級閉鎖など

・休園・休校・学校閉鎖となった場合その期間中は教室をお休みください。
・クラス閉鎖・学級閉鎖・学年閉鎖となった場合その期間中は教室をお休みください。
※ご兄妹、お子様の通われる学校などが該当する場合その期間中は同様に教室をお休みください。
※閉鎖期間が7日を超える場合は教室にご相談ください。

●上述に該当する者が教室へ同伴されないようお願い致します。


濃厚接触者の方

・濃厚接触者となった場合、陽性者と接触があった最後の日を0日として7日間の健康観察期間中は教室をお休みください。 また、同居家族など生活を共にする方の場合は、患者の発症日(無症状の場合は検体採取日)又は発症後住居内で感染対策を講じた日のいずれか遅い方を 0 日目とし起算ください。

※同居家族の中で、別の家族が発症した場合は、改めてその発症日(無症状の場合は検体採取日)を0日目としてください。
※同居家族等の待機期間が終了した後も、陽性となった家族の療養が終了するまでは、引き続き健康観察期間中として教室をお休みください。
※検査結果が陰性陽性に関わらず同様にお願いします。

新型コロナウイルス感染症と診断された方

・有症者(みなし陽性者含む)、無症状者いずれの方も健康観察期間が終わるまで教室をお休みください。
(健康観察期間:有症者10日間 無症状者7日間)
療養期間・健康観察期間の詳細は大阪府ホームページを参照ください。

ご家族がPCR検査を受けた場合

・ご家族がPCR検査などの検査を受けた場合、結果が分かるまで教室をお休みください。

●以上のいずれかに該当する場合は担当講師ではなく教室までご連絡下さい。
その際、療養期間など詳細をお聞きする事になりますが予めご了承ください。